カテゴリー「カヤツリグサ科」の1件の記事

コウボウムギ

P1040612080516 コウボウムギ カヤツリグサ科  多年草
Asiatic sand sedge


海辺の砂浜に見られ、地下茎を伸ばして砂の中を広がります。
根元の繊維を集めて筆として使ったので、
弘法大師の筆にちなみコウボウムギ(弘法麦)と呼ばれます。
別名フデクサ。

日本や朝鮮半島、台湾などに分布。草丈は10~20cm程度。
雄株と雌株があり、穂の形や色が異なります。
(上画像~雌株 下画像~雄株)

P1040610

| | コメント (0) | トラックバック (0)