カテゴリー「イソマツ科」の2件の記事

アルメリア(マリティマ)

P2010804 アルメリア(マリティマ) イソマツ科 多年草
common thrift


春になると、細い葉の中から花茎が伸びて、
小さなピンク色の花が咲きます。花の雰囲気が
どことなく簪(カンザシ)に似ていて浜辺に多く
見られたことから別名ハマカンザシとも呼ばれます。

アルメリアの名前の由来も「海が近い」という
意味のようです。ヨーロッパや北アメリカなど、
北半球の温帯に広く分布。日本には明治時代に
伝わりました。

寒さには丈夫で、屋外での冬越しも出来ます。
反面、暑さや蒸れに弱いので、
夏は雨のあたらない涼しい場所に。
花後や秋に株分けで増やすことが出来ます。

| | トラックバック (0)

ルリマツリ

P1080839 ルリマツリ イソマツ科 常緑低木 
Cape leadwort


南アフリカ原産、夏の暑さが和らぐ季節になると、
瑠璃色の涼しげな花が咲き出します。

「マツリ」はジャスミンのことで、花の形がジャスミンに似ていることが
由来のようです。また、古くは鉛の中毒に効く薬草に用いられていた
ことから、ラテン語で鉛の意味の「plumbum」より、
プルンバーゴの名前でも見られます。

高さは30cm~1m程度。日当たりと肥沃な土を好みます。
半つる性で、行灯仕立てや、ハンギングなどにも用いられます。
寒さにはやや弱いので、寒い地方では冬は暖かな場所に。
春に挿し木で増やすことが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)