カテゴリー「ウマノスズクサ科」の1件の記事

アリストロキア(ギガンティア)

P1030706 アリストロキア(ギガンティア) ウマノスズクサ科  つる性植物 Aristolochia gigantea

ブラジルが原産、花のように見える部分はがくが発達したもので、
やや腐敗したような臭いを放ちます。この臭いに昆虫が集まり、
この中に入ると、一旦閉じ込めてしまうとか。

と言っても食虫植物とは異なり、
花粉を虫に運んでもらうための仕組みなのだそうです。

花は1年を通して咲きますが、春から夏にかけて多く見られます。
冬は暖かな室内に。水やりは控えめに行ないます。
挿し木で増やすことが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)