カテゴリー「ベンケイソウ科」の3件の記事

テカリダケキリンソウ

P1040900080613 テカリダケキリンソウ ベンケイソウ科 
多年草


テカリダケとは長野県と静岡県の県境にある光岳のことで、
テカリダケキリンソウ(光岳麒麟草)は
キリンソウのこの地域に見られる変種とされています。

別名テカリダケマンネングサ。
キリンソウより小型で、草丈は10~15cm程度。
日当たりを好み、寒さ暑さに丈夫です。
挿し芽や株分けで増やすことが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エオニウム(黒法師)

P1030261 エオニウム(黒法師) ベンケイソウ科 多肉植物Aeonium

エオニウムは北アフリカやカナリア諸島などに
30~40種ほどが見られる多肉植物です。

黒法師は光沢のある黒い葉が特徴の品種で、
下葉を落としながら茎が伸び、高さは1m以上になります。

日当たりの良い場所を好みますが、夏の暑さが苦手。
夏はやや涼しい場所に移動します。
冬は室内に。植え替えや挿し芽は春や秋に行ないます。

梅雨の時期と冬は水やりを控えめにします。
施肥は春や秋に1回程度。
光が弱いと、葉の色に緑色の部分が多くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンソウ

P1040917 キリンソウ ベンケイソウ科 多年草 Golden rod

日本や朝鮮半島、中国、シベリアなどに自生。
山沿いの道端や海岸の岩場などに見られ、
初夏に星屑のような黄色の花が咲きます。

漢字では麒麟草とも黄輪草とも現され、キリンソウの名前が、
想像上の生き物である麒麟に由来するのか、
その花姿に由来するのかは不明。

挿し芽や株分けで増やすことも出来ます。
葉は多肉質で、乾燥に丈夫。
その性質から屋上緑化などの利用も着目されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)