カテゴリー「オシロイバナ科」の1件の記事

ブーゲンビレア

P1000483_p ブーゲンビレア オシロイバナ科 常緑低木     Brazil bougainvillea

南米原産、18世紀にフランス人の「ルイ、ド、ブーゲンビルさん」が
見つけたことが名前の由来のようです
白やピンクなどの花のように見える部分は苞(ほう)と呼ばれ、
3枚の苞が集まって、その中に筒のような花が咲いています。
苞の部分が紙のような感じなので、
ペーパーフラワーとも呼ばれます。

沖縄など暖かな地方では垣根や庭木などに使われています。
鉢植えは、冬は日当たりの良い室内に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)