カテゴリー「ヤナギ科」の1件の記事

ネコヤナギ

P1010061 ネコヤナギ ヤナギ科 落葉低木 Pussy willow 

ヤナギの由来には、「魚をとる梁(やな)に使われていたこと」
「弓矢の矢として使われた木だったこと」などがあります。
"ネコ"は春の初め、猫のしっぽのような花穂が見られることから。

北海道から九州の水辺などに見られるので、
カワヤナギとも言います。
また、川猫、猫花、ネコネコともよばれるとか。

やがて、しっぽの中から、赤色の葯(やく)が現れます。
その後、葯は写真のように黄色に変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)