カテゴリー「サクラソウ科」の13件の記事

シクラメン(シャイニー)

P1060710 シクラメン(シャイニー) サクラソウ科 球根植物
Cyclamen Shiny


縁の色が薄くなる複輪と呼ばれる花弁が特徴です。
シャイニーの名前のように、太陽の光にあたると鮮やかな
色あいを見せます。花色は画像のピンクの他、
オレンジ、ソフトピンク、ウィズアイピンクなどがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リシマキア(プンクタータ)

P20207991 リシマキア(プンクタータ) サクラソウ科 多年草
Yellow loosestrife


ヨーロッパから西アジアにかけての地域が原産。
6~7月頃、長い花茎を伸ばし、黄色の星型の花が
咲きます。名前の"プンクタータ"は、「斑点」
という意味があり、これは花弁の中心部の
オレンジ色の部分からついているようです。

同じサクラソウ科のオカトラノオと似た性質で、
地下茎を伸ばして広がります。草丈は20cm~1m程度です。

寒さ暑さに丈夫、日なたでも半日陰でも育ちますが、
乾燥がやや苦手。夏の水切れに気をつけます。
株分けで増やすことが出来ます。

| | トラックバック (0)

シクラメン(ビクトリア)

P2000777 シクラメン(ビクトリア) サクラソウ科 球根植物
Cyclamen Victoria


トルコやイスラエル周辺が原産地とされるシクラメンは
17世紀頃にヨーロッパに広がったとされていますが、
19世紀に入ると、様々な花色やフリンジ咲きの品種も
見られるようになりました。

そのような中で、ビクトリアは1906年に作出、
以来フリンジ咲きの代表種として長く親しまれています。
現在では八重咲き種や色あいの異なる品種も登場
しています。

| | トラックバック (0)

シクラメン(ウインク)

P1030658080221 シクラメン(ウインク) サクラソウ科 
球根植物 Cylamen Wink


芳香のある八重咲き品種です。一般的なシクラメンの
花弁の枚数は5枚ですが、ウインクは雄しべの部分が
花弁に変異しており、10枚ほどの花弁を持っています。

一つ一つの花は小さめ、また、花茎の長さも短めなので、
葉組みや花寄せ(シクラメンの花を中央に集めること)
などは行ないにくいですが、自由きままに八重咲き
の花が咲いている姿も、魅力的な品種です。

花色は画像のピンクの他に
ホワイト・パープル・ローズなどもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オカトラノオ

P1080355 オカトラノオ サクラソウ科 多年草        Gooseneck loosestrife

日本や朝鮮半島、中国などに分布。山あいの日当たりの良い
場所に見られます。6~7月頃に穂状の白い花が咲きます。
この花穂の姿をトラのシッポに見立てたことが名前の由来です。

花穂は小さな星型の花の集まりで、下側から順々に
花が咲きます。先の方が垂れ下がっていますが、
花が咲き終わり結実する頃には、
真っすぐに上を向いた状態になります。

地下茎を伸ばして増えるので、
同じ場所にまとまって咲いていることも多いようです。
草丈は50cm~1m程度です。



Gooseneck loosestrife is distributed in Japan, Korea, and
China, etc. It is seen in the mountainous district
where sunshiny is good.It blooms white flower shaped an ear
in around July in June. The origin of the name was to have
chosen the appearance of the flower for tiger's tail.

Some small star flowers gather and the ear is formed, and
on the ear, the flower blooms from the under one by one.
It drips and it descends ahead, but It turns up, when
the flower finishes blooming, and it brings it forth.

It is settled to the same place and blooms
because the underground stem is extended.
The height is 50-100cm.
.


P1080399

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハマボッス

P1080170 ハマボッス サクラソウ科 2年草 

東南アジアや太平洋諸島など広い範囲の海辺に分布、
日本では北海道南部より南の地域に見られます。
岩や崖の隙間などに見られ、5~6月頃に小さな白い花が咲きます。

1年目は発芽後、ロゼットの状態で冬を越し、2年目になると
草丈10~30cm程度に伸びます。葉は多肉質で光沢があります。
また、葉の縁や茎の部分は赤みを帯びています。

ボッス(払子)は、ウマなどの動物の毛を束ねた仏具のことで、
煩悩を払うものだとか。花の様子を「払子」に見立てたことが
名前の由来だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シクラメン(ウィズアイ)

P1060746 シクラメン(ウィズアイ) サクラソウ科         球根植物 Cylamen With eye

シクラメンの品種は花弁の大きさ(大輪や小輪など)
形(フリンジ咲きや八重咲きなど)花色などから
区分され、様々な呼び名があります。

花弁が白やピンクといった単色ではなく、グラデュエーションの
ようになっていたり、2色が混じっているものを複色花弁と言います。

ウィズアイもその1つで、花弁の基部に
赤い部分が見られる特徴のことを呼ぶそうです。

↑の花色はホワイトウィズアイと呼ばれ、
この他に、淡いピンク色のローズウィズアイや
ごく薄いピンク色のライトピンクウィズアイなどがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シクラメン(フラグランス・ミニ)

P1030210 シクラメン(フラグランス ミニ) サクラソウ科     球根植物 Cylamen Fragrance mini

数年前に育成された品種で、小輪の花が長い期間
次々と咲きます。花色は画像のアメジストブルーの他、
ワインレッド、パープル、ピンク、ホワイトの5色があります。
バラのような芳香を持ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シクラメン(パピヨン)

P1030216

シクラメン(パピヨン) サクラソウ科 球根植物 Cylamen Papillon

地中海沿岸が原産のシクラメンは、18世紀前半に原種の
C.ペルシカム(ペルシャのという意味)がイギリスに伝わった頃から
ヨーロッパ各地で育成が盛んになりました。
日本には大正~戦前頃に普及。戦後には温室栽培も行なわれる
ようになり、冬の鉢花として知られるようになりました。

シクラメンはギリシャ語のKyklosが語源。
Kyklosには周期、循環などの意味があり、英語ではcycle。
これはタネが出来ると、花梗がらせん状に巻くことが由来です。

パピヨンはフランス語で蝶の意味。小さな花を群れ飛ぶ蝶に
見立てたとか。花弁に白い縁どりが見られるシクラメンです。
花色にはピンクのほかに赤、紫などもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリンソウ

P1010752 クリンソウ サクラソウ科 多年草            Japanese primrose

北海道、本州、四国に分布している花です。
5~6月ごろにピンクや白、オレンジなどの花が咲きます。
その姿が寺の塔のてっぺんにある九輪に似ていることから
クリンソウ(九輪草)と呼びます。別名ナナカイソウ。

山あいの湿った場所を好みます。
プランターなどで育てるときは水切れに気をつけます。
暑い時期には直射日光を避けるようにします。
花後の種や株分け、根伏せなどの方法で育てることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)