« ユーフォルビア(ダイヤモンドフロスト) | トップページ | サラシナショウマ »

ツユクサ

P1050985080916 ツユクサ
ツユクサ科 1年草
Asiatic Dayflower


夏から秋にかけて、道端や庭などで
涼しげな青色の花が咲くツユクサ。
名前の由来には以下のようなものがあるそうです。

・朝に花が咲くと、昼頃には花がしぼむので、
  朝露のような印象から名前がついた。
・朝露を帯びて咲くことからツユクサ(露草)。
・青色が衣服などに付くことから「付き草」と呼ばれていた
  ものが訛ってツユクサに変わった。

別名アオバナ(青花)、ボウシバナ(帽子花)
万葉集では「月草」の名前で詠まれており、
日本では古くから親しまれてきた花です。

花の汁は洗うとすぐ落ちることから、
友禅の下絵の染料としても用いられています。

|

« ユーフォルビア(ダイヤモンドフロスト) | トップページ | サラシナショウマ »

ツユクサ科」カテゴリの記事

#一年草」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツユクサ:

« ユーフォルビア(ダイヤモンドフロスト) | トップページ | サラシナショウマ »