« ラベンダー(マンステッド) | トップページ | ハナツクバネウツギ(フランシス・メイソン) »

ヤブカンゾウ

P1050481080727 ヤブカンゾウ ユリ科  多年草
Tawny Day-lily


7月~8月、花弁の縮れた八重咲きの花が、
野原や河原など、人里近い場所で見られます。

奈良時代より以前に中国から伝わったとされ、元々は
栽培されていたものがそのまま残っているのだとか。
ヤブカンゾウは種子で増えず、鱗茎で増えるので、
人の住んでいる付近、もしくは河原などで
見られるのだそうです。別名ワスレグサ、カンゾウナ。

真直ぐに伸びた花茎は、上部でわかれて、
数輪の花が咲きます。草丈は50~1m程度。

若芽は山菜として炒め物などに利用されます。
つぼみを乾燥させたものは、「金針菜」と呼ばれ、
薬用とされます。

|

« ラベンダー(マンステッド) | トップページ | ハナツクバネウツギ(フランシス・メイソン) »

ユリ科」カテゴリの記事

#多年草」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤブカンゾウ:

« ラベンダー(マンステッド) | トップページ | ハナツクバネウツギ(フランシス・メイソン) »