« アイヅシモツケ | トップページ | スクテラリア(コスタリカーナ) »

ヤマブキ

P1040529080506 ヤマブキ バラ科 落葉低木            Japanese kerria

日本や中国に見られ古くから親しまれてきた花木で、
万葉集や源氏物語など、古い文献にも多く見られます。

名前は、山の中に見られ、蕗(フキ)の花に花色が似ていることから。
絵の具の山吹色などでも馴染みのある名前かもしれませんね。
また、しなやかに枝が揺れる姿から、「山振」の字も充てるとか。
別名オモカゲグサとも呼ばれます。樹高は1~2m程度。

地下茎から伸びた枝は株立ち状になります。一つ一つの枝は
数年で枯れますが、代わって新しい枝が伸びてきます。

寒さ暑さに丈夫ですが、やや乾燥が苦手。
植え付けの際には、腐葉土や堆肥などを多く混ぜます。
挿し木や株分けで増やすことが出来ます。

|

« アイヅシモツケ | トップページ | スクテラリア(コスタリカーナ) »

バラ科」カテゴリの記事

#落葉低木」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマブキ:

« アイヅシモツケ | トップページ | スクテラリア(コスタリカーナ) »