« ニラ | トップページ | オミナエシ »

ダリア(デコラティブ咲き)

P1010862_p ダリア(デコラティブ咲き) キク科 春植え球根   Dahlia

メキシコ原産、メキシコの国花とされている花です。
日本には、江戸時代末期にオランダより伝わり、
花の形がボタンに似ていることから、
テンジクボタン(天竺牡丹)と呼ばれました。

ダリアの名前は植物学者リンネの弟子である
ダールという人物にちなむそうです。

花の形からデコラティブ咲き、ポンポン咲き、
カクタス咲きなどの種類にわけられるほか、
色、大きさなどから多くの品種があります。

デコラティブ咲きには舌状の花弁が整った
フォーマルデコラと、花弁がねじれたり先が尖った
インフォーマルデコラがあります。

春に球根を植えると、夏から晩秋にかけて花が咲きます。
大輪の花を咲かせる為に芽かきをおこないます。
寒い地方では、秋の終わりに球根を堀り上げます。
球根についた子株を切り分けることで株を増やすほか、
種からも育てることが出来ます。

|

« ニラ | トップページ | オミナエシ »

キク科」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダリア(デコラティブ咲き):

« ニラ | トップページ | オミナエシ »