« フジバカマ | トップページ | タンジー »

センニチコウ(バディー)

P1010884_1_p センニチコウ(バディー) ヒユ科 1年草     Globe amaranth

原産地は熱帯アメリカ。日本には江戸時代に伝わりました。
夏から秋まで、長い期間花を咲かせることが名前の由来です。
別名センニチソウ(千日草)。ダルマソウ。

赤やピンク色の花のように見える部分は苞の集まり、
本当の花の部分は苞に包まれています。

乾燥しても長く色があせないことから、
ドライフラワーやポプリなどにも利用されます。

バディーは草丈が20cm程度のわい性品種。
春から初夏にかけて、種をまいて育てます。
日当たりと水はけの良い場所を好みます。

|

« フジバカマ | トップページ | タンジー »

ヒユ科」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センニチコウ(バディー):

« フジバカマ | トップページ | タンジー »